ブラウンフィールドプロジェクトで業務の効率化を実現するための5つの方法

アセットオーナー/オペレーター | 設計・調達・建設(EPC)

新型コロナウイルスの感染拡大は世界経済の失速をもたらし、グリーンフィールドプロジェクトへの投資も減少しています。こうした状況の中、業界のリーダーたちは、既存のブラウンフィールド設備の最適化を図り、現在の市場主導型システムにおける効率性、コスト管理、収益性の課題に対応する必要があります。

この記事では、ブラウンフィールドプロジェクトで業務の効率化を実現するために、企業が注力すべき5つの施策を紹介します。

1) 既存の設備の文書やデータを一元管理。ブラウンフィールドプロジェクトはグリーンフィールドプロジェクトとは異なり、既存の設備やプロジェクトに関する重要な情報が、紙の書類で複数のキャビネットに分散したり、スプレッドシートやワード文書のような電子データで、複数のコンピュータネットワークに保存されている場合があります。重要な業務プロセスをスムーズに進めるためには、こうした情報をデジタル形式で一元管理する必要があります。これにより、各種検査の完了など、重要な業務において信頼性の高い情報をすばやく入手できます。

Deepwater Subsea社は、データおよび文書のデジタル化と一元管理を推進した結果、検査後の品質証明の検索と取得にかかる時間を最大95%短縮できました。詳細については、こちらをクリックしてください。

2) 技術文書、業務プロセス、保守データを統合。情報がサイロ化され、データが様々な形式で生成されていたり、異なるシステム上に分散されていたりする場合、現場の業務に悪影響を与えるだけでなく、危険を伴う作業や製造設備の業務におけるリスクが高まります。企業は、必要なあらゆる文書を各業務プロセスおよびシステムと適切に統合する必要があります。適切な権限を持つ従業員が、必要な時にいつでも最新の情報にアクセスできるようにするには、アセット番号や機器の種類、所属先などの項目でフィルター検索を行い、設計基準や検査記録などの文書を入手できる仕組みを構築する必要があります。

3) 効果的な変更管理プロセスを導入。数十年にわたって稼働している施設も、常に変化し続けています。ブラウンフィールドプロジェクトでは、1つの施設や機器、プロセスに対して複数のプロジェクトが同時に並行して進行します。そのため、情報基盤を確立するだけではすべてのプロジェクトに対応しきれません。プロジェクトを遂行するには、変更プロセスを適切に管理する、「アズオペレーテッド」(as operated)の最新文書やデータにいつでもアクセスできる環境を維持し、変更中の文書やデータをすばやく把握できるようにするなど、変化する情報に的確に対応する必要があります。

詳細は、「アズビルト」(as-built)のデータを変更せずに維持し、ブラウンフィールドプロジェクトが完了した後に「アズオペレーデッド」に統合する方法についてのウェビナー「コンカレント・エンジニアリング:ブラウンフィールドプロジェクトの課題」をご覧ください。

4) 関連するパートナー企業と協力して変更プロセスを進める。ブラウンフィールドプロジェクトの多くは、様々な分野や地域にまたがる多くの請負業者やサプライヤーが関与します。そのため、自社の業務プロセスやシステムにおいて、パートナー企業が文書や更新されたデータを共有し、各種ワークフローのレビューや承認に参加できるようにすることが大切です。パートナー企業との連携をスムーズかつ安全に進めるためには、複数のシステムを統合する一元管理型エコシステム、または自社施設の「デジタルツイン」の構築が不可欠です。

5) 大規模な投資プロジェクトとブラウンフィールドプロジェクトの双方に、同じツールとプロセスを導入。これにより、業界のベストプラクティスや自社の標準化された業務プロセス、業務ガイドラインを確実に遵守し、すべてのプロジェクトを適切に管理できます。

上記の5つの施策を最優先事項として位置づけ、一貫性のある戦略を策定するよう経営陣に働きかけることで、プロジェクトの効率が向上するだけでなく、現在のパンデミックによる変化に上手く対応できるでしょう。さらに重要なことは、これらの施策がビジネスの成長に寄与する点です。競合他社を圧倒して優位性を確保し、景気回復を見据えた対策を講じることができます。

デジタル化の遅れがもたらす損失はどれくらいでしょうか?HexagonのROI計算ツールで確認しましょう。

***

Supratim Mukhopadhyayについて
Supratimは、HexagonのPPM部門でアジア太平洋地域担当プリセールスディレクターを務めています。ビジネスマネジメント、分析、コンサルティング、戦略策定、事業開発、セールスエンジニアリング、エンタープライズ&ソリューションアーキテクチャの各分野において17年の経験を持ち、行動中心アプローチによる革新的なデジタル変革を推進しています。現在、オーナーオペレータやEPCと連携して、天然資源事業に取り組んでいます。

  • Never Miss an Update