PAS Globalの買収によりHexagonの産業用ライフサイクル管理能力が向上

設備情報管理 | 設備所有者/運営者 | コネクテッドワーカー

世界的な技術プロバイダーとして常に進化し、コロナ時代においてさらに進化を遂げるHexagonは、大きな価値を生み出し、当社のソリューション・ポートフォリオを拡大する買収対象を常に探しています。
Hexagonの PPM部門が数年前から注目していた企業の一つが米国テキサス州ヒューストンにある、OT(オペレーショナルテクノロジー)インテグリティ・ソリューションのリーディングカンパニーPAS Global社です。

このニュースを聞いた方は、もうご存じでしょう。 HexagonはPASを買収する契約を正式に締結しました。これにより、PPMにサイバーセキュリティに特化した新しい事業部門が加わり、Hexagonの他の部門との相乗効果が期待できます。 Hexagonはこの取引の年内の完了を目指しています。

PASを買収した理由 なぜ今なのか

PAS社は、製造業、石油・ガス、公益事業などの資産集約型産業において、サイバー脅威の防止、検出、修復、プロセス安全リスクの低減、意思決定のための信頼性の高いデータの提供を実現するOTインテグリティソリューションのマーケットリーダーです。 1993年にEddie Habibiによって設立されたPAS社は、世界70カ国以上で事業を展開しており、世界の多くのトップ産業組織がセンサーからクラウドまでOTの完全性を確保できるよう支援しています。その中には、石油精製のトップ15社のうち13社、化学工業のトップ15社のうち13社、紙パルプ業のトップ5社のうち4社、鉱業のトップ5社のうち3社、発電所のトップ20社のうち7社が含まれています。

PPMとの相性は抜群です。

産業用制御システム(ICS)のサイバーセキュリティ、IIoT、データ分析、運転管理の分野における先駆け的な存在であり、オピニオンリーダーであると言われるHabibi氏も、これに同意しています。

昨日、Habibi氏はこう述べています。「当社はかねてよりHexagon社の技術ポートフォリオとチームを高く評価してきました。 両社の組織には技術的にも文化的にも強い適合性があり、Hexagon社と力を合わせて顧客にさらに大きな価値を提供し、自律的な未来を後押しできることを嬉しく思います。」

ちなみにHabibi氏はPAS社の創業者として、PPM社長 Mattias Stenberg のアドバイザーという新しい役割を担います。 同氏は、お客様との関係を深め、HexagonとPASのプラットフォームを活用した新たな変革型ソリューションを特定し、自律的な未来の実現を加速させるために力を貸してくれるでしょう。

今回の買収はPPMのオーナーオペレーターの顧客の拡大に大きく貢献します。 また、OTサイバーセキュリティは、企業の認知度向上と需要の高まりにより、大きな成長が見込まれています(PAS Globalの最近の調査によると、回答企業の85%がOTサイバー攻撃に対して高度な準備をしていないことが明らかになっています)。今回の買収は、収益の増加とソリューションポートフォリオの拡大・多様化を可能にし、高い評価を受けている企業を追加するという、当社のM&Aに対する期待に応えるものです。

PAS社を歓迎いたします。 Hexagonの一員となっていただいたことを心から嬉しく思います。

***

John Eichstaedt
Eichstaedtは2002年に入社し、現在HexagonのPPM部門のグローバルビジネス開発担当上級副社長を務めています。 事業開発活動の中でも、同部門のM&Aの取り組みを開発、実行しています。 シリコンバレーやエクソンモービル、ゼネラルモーターズでの勤務経験があります。 3つの特許を持ち、ウィスコンシン大学マディソン校で機械工学の理学士号を優秀な成績で取得しています。 米国アラバマ州ハンツビルのPPM本社を拠点に活動しています。

 

  • Never Miss an Update